新港貿易会館

2014-02-26

新港貿易会館

新港貿易会館

〒650-0041 兵庫県神戸市中央区新港町88-2

JR三宮駅下車、南へ約1.3km。 徒歩で約20分程度。

神戸の新港地区、旧神戸生糸検査所の隣に建つ登録有形文化財です。

竣工:1931年(昭和6年)

RC構造の地上4階建て。
建物は船のブリッジをイメージして作られています。
丸みを帯びたデザインが珍しく、目を引きます。

神戸港の北に位置し、港湾関係の倉庫会社の建物が並ぶ新港地域の現役テナントビルとして神戸を代表する歴史的建造物(旧新港相互館)です。

港近くという場所柄、ビルが面している道路幅は広く、大きなトレーラーやトラックが行き交う中、交差点にこうしたモダンでスタイリッシュな建物があるのは神戸ならではといえます。

現役で利用されているオフィスビルです。ちょっと中に入ってみました♪

ビルのデザインも素敵ですが、内装もレトロ感満載で嬉しくなってしまいます。

玄関にあるのが、美しいステンドグラスです。ビルの中から見た方が光が当たってとても綺麗。

新港貿易会館ステンドグラス

 

新港貿易会館文化財

 

新港貿易会館は登録有形文化財に指定されているビルです。

こちらはビルの玄関。

新港貿易会館玄関

外壁と同じで、玄関も丸いアーチ。

広くてすっきりとした印象ですが、独特の雰囲気をかもし出しています。

ドアの上にはステンドグラスで装飾されており、細部までアールデコっぽくなっています。

どこか懐かしさを感じながらも、現在では見ることのないデザインはどこどなく新しさも感じます。

内装は建築当時と変わない状態で現在も使用されています。

新港貿易会館内

 

階段も手すりも昔を感じます。現在も実際に使われているということが素敵です♪

新港貿易会館内の窓

 

こちらはビルないの窓・・・?

変わった装飾の窓になっています。

 

新港貿易会館の外壁

外壁はお洒落なスクラッチタイル。

スクラッチタイルとは、引っかき傷のようなのを付けたタイルのことを言います。

昭和初期に流行していたデザインです。

外壁のタイルを良くみると、つるっとしていないですね。

新港貿易会館の丸窓

窓を見てみると、丸い窓♪

ビルの雰囲気が船のようなので、窓も船を意識しているようです。

良く見るとステンドグラスになっています。

細部まで装飾が施されており、当時のデザインの流行が伺えます。

 

1階にはインテリアショップ「NOBU’S」が入っています。

TEL: 078-326-7170
営業時間: 11:00から9:00
定休日: 月曜日

HP: http://www.nobu-s.com/

新港貿易会館のレトロ感と相まって、お洒落な雰囲気です。

新港貿易会館店舗

Copyright(c) 2014 神戸旧居留地のレトロビルヂング散策 All Rights Reserved.