旧居留地38番館

2014-02-27

旧居留地38番館(旧シティバンク神戸支店)

〒650-0037 兵庫県神戸市中央区明石町38
旧居留地38番館はその名の通り、旧居留地の38番にあります。

竣工: 1929年(昭和4年)

ナショナルシティ銀行神戸支店として建設されました。

地上3階、地下1階建て。

設計はウィリアム・メレル・ヴォーリズ事務所。
ウィリアム・メレル・ヴォーリズ事務所では、ナショナルシティ銀行大阪支店、神戸支店、旧百卅三銀行今津支店などを手がけています。

大きなビルではありませんが、雰囲気のある外壁の色がとても好きです。

実際に店舗として利用されているため、気軽に入ることが出来るのも魅力♪

旧居留地38番館

現在は大丸が所有し、別館店舗として利用されています。

1階がエルメス、2階コムデギャルソン、3階アメリカンラグシーなどが入っています。

以前は1階にカフェのアフタヌーンティーが入っていたので、良く出かけましたが、エルメスになってからは・・・なかなか行く機会がありません。

旧居留地38番館エルメス

南側にある太い円柱はイオニア式円柱。重厚感があり、時代を感じます。

また、石積み外壁等の石造意匠を有したアメリカン・ルネッサンス様式。

こうした近代建築にエルメスが入るなんて、雰囲気と合っていて素敵です。

旧居留地38番館外壁

この界隈は神戸らしい街並みであり、ショッピングをする方も多く、また近くにはオフィス街もあり、人通りがかなり多い場所です。

そのため、こうした写真はすべて早朝に出かけて撮影しています。

ただ、早朝にどうしても撮影できないのが、夜のライトアップ。

旧居留地38番館ライトアップ

こちらはルミナリエの帰りに撮影したもの。

夜22時前でしたが、特に通行人が多いです。

旧居留地38番

Copyright(c) 2014 神戸旧居留地のレトロビルヂング散策 All Rights Reserved.