旧神戸海上火災保険ビル

2014-08-20

旧神戸海上火災保険ビル(ニッセイ同和損害保険ビル)

旧神戸海上火災保険ビル

所在地 : 〒650-0037 神戸市中央区明石町19

HP : あいおいニッセイ同和損害保険神戸支店

竣工 : 1935年(昭和10年) 鉄骨鉄筋コンクリート4階建て

設計 : 長谷部竹腰建築事務所

 

旧神戸海上火災保険ビルの前には「19番」のプレートが掲げれれています。

旧居留地19番地

このビルは旧神戸海上火災保険ビルとして、建てられました。

会社名は変わりましたが、竣工時と変わらず、ニッセイ同和損害保険ビルとして使用されています。

旧居留地界隈にはたくさんレトロな近代建築が残されていますが、竣工当時と変わらず同じ企業が使用しているというのは珍しいかもしれません。

旧居留地には装飾が美しいビルや、凝ったデザインなどのビルが多く点在しています。

この旧神戸海上火災保険ビルは派手は装飾こそありませんが、地味目というか、控えめというか・・・落ち着いた雰囲気が私は好きです。

建物は4階建てで、ビル自体もさほど大きくなく、コンパクトな印象。

縦に伸びる大きなアーチが特徴的です。

このようなデザインは住友系の建築によくある特徴だという話です。

前の道路が狭いため、ビル全体を眺めるには少し距離が少ないのが残念だと思います。

旧神戸海上火災保険ビルのアーチ

入り口は年代を感じる重厚感のある石造り。

旧神戸海上火災保険ビル玄関

控えめな装飾も花器も素敵です。

旧神戸海上火災保険ビルの前

玄関エントランスはこんな感じ。

旧神戸海上火災保険ビルエントランス

もちろんエレベーターは新しいですが、全体的にレトロな雰囲気が残っています。

天井を見上げると、アーチ型になっており、空間が広がる趣のあるデザイン。

石造りの壁との調和がまた良い雰囲気をかもし出しています。

旧神戸海上火災保険ビルの外壁

Copyright(c) 2014 神戸旧居留地のレトロビルヂング散策 All Rights Reserved.