神戸郵船ビル

2014-01-20

神戸郵船ビル

神戸郵船ビル

〒650-0024 兵庫県神戸市中央区海岸通1番地

メリケン波止場のすぐ近く、国道二号線とメリケンロードに面した場所に建つ神戸郵船ビル。

竣工: 1918年(大正7年)     地上3階建ての歴史的建造物。

設計は曾禰・中条設計事務所。

旧日本郵船神戸支店として建設。

しかし、1945年(昭和20年)の神戸大空襲により消失。

竣工時にあったドーム屋根は失われてしまいました。

1994年に耐震補強工事され、翌年1995年の阪神淡路大震災に遭うも、大きな被害が無く乗り越えたビル。

神戸郵船ビル正面

現在、神戸郵船ビルはビル名に留められ、テナントビルとなっています。

1階には紳士服店、2階以上は貸し事務所です。

また、神戸郵船ビルの壁面にはこんなプレートが掲げられています。

神戸日米協会80周年記念

ON THIS SITE JULY 1863
WAS ESTABLISHED THE FIRST
AMERICAN CONSULATE IN KOBE

1863年7月(明治元年)この場所において
神戸で最初のアメリカ領事館が開設されました。
兵庫県神戸市中央区海岸通1丁目1-1
神戸日米協会 創立80周年記念(1988年)

 

1階には紳士服「GRAND-BACK」があります。

TEL: 078-393-3344郵船ビルGRAND-BACK
HP:http://www.grand-back.jp/index.html
外観同様、店内も落ち着いた雰囲気のお店です。

この郵船ビルの南側、国道2号線を挟んだ向かい側を見ると、味のある碑が見えます。

交差点の角に建つ、こちらが「メリケン波止場の碑」です。

メリケン波止場の碑

道路側に下記のように記されています。

「昔なつかしメリケン桟橋
ころは明治のはじめ
ここに小さな突堤があり
その先に浮き桟橋があった
近くにアメリカ領事館があったので
人びとはアメリカ桟橋をなまって
メリケン桟橋と呼ぶようになった
のち、神戸港は出船入船が繁くなり
世界的に発展したので
その玄関口として
長い立派な突堤を築いた
世人は、ここを神戸の名所と一つとして
メリケン波止場と呼んで親しんでいる 」

Copyright(c) 2014 神戸旧居留地のレトロビルヂング散策 All Rights Reserved.