兵庫県公館

2014-03-08

兵庫県公館

兵庫県公館

〒650-0011 神戸市中央区下山手通4-4-1
TEL: 078‐341‐7711(代表)
HP: http://web.pref.hyogo.lg.jp/ac01/ac01_000000026.html

営業時間: 【県政資料館】月~金 9:00~17:00 / 土 10:00~16:00

定休日: 日 / 祝日 (土曜は開館:10:00~16:00)

1902年(明治35年)、兵庫県本庁舎の4代目として建設されました。

設計: 建築家、山口半六氏

構造: 鉄筋コンクリート造(壁式)地上3階・地下2階

兵庫県公館入り口

フランス・ルネサンス様式の規模・優雅さともに日本一の名声を博したといわれています。

レンガ造り、ドーム状の大屋根、西洋風の美しい建物が完成。

戦災により外壁を残して焼失。戦後修復し、兵庫県南庁舎として使用されてきました。

その後、老朽化により取り壊し案も浮上しましたが、歴史的価値のある建築物を後世に残そうと、大改造を実施。

明治時代の風情が残る兵庫県公館に生まれ変わりました。

迎賓館と初代知事・伊藤博文以降の県政資料館として利用されています。

兵庫県公館側面

風格・重厚感のある建築物は、周辺にある高層ビルの中に建っていてもひと際目を引きます。

兵庫県公館では迎賓館部門(知事室、貴賓室など)と県政資料館部門を一般開放しています。

入場料は無料。

少し敷居が高そうに思う建物ですが、ぜひ訪れていただきいと思います。

厳かな雰囲気が漂う、玄関をくぐりぬけると、県政資料館があります。

兵庫県の歴史、阪神淡路大震災の記録のほか、兵庫県公館の模型の展示などもされています。

兵庫県公館模型

Copyright(c) 2014 神戸旧居留地のレトロビルヂング散策 All Rights Reserved.