メリケンパーク

2014-01-21

メリケンパーク

メリケンパーク

JR元町駅東口より大よそ700m南へ。
徒歩で約10分ほど。

国道二号線のメリケン波止場の碑をそのまままっすぐ海側(南)へ進むとメリケンパークに到着します。

メリケン波止場の碑は神戸郵船ビルの向かいにあります。

メリケンパークは1987年(昭和62年)に造成された神戸港にある公園です。

神戸のランドマーク「ポートタワー」、「神戸海洋博物館」、「カワキワールド」、「ホテルオークラ神戸」など特徴的な建物が見える港のスポットです。

撮影したこの日は飛鳥Ⅱが入港していました。

遠くからでもとても大きいことが分かります。

奥にあるメリケンパークオリエンタルホテルが小さくみえます。

こちらの写真はメリケパークの西にあるモザイク側から撮影したものです。

飛鳥Ⅱ

こちらの写真はメリケンパーク内から撮影したものです。

飛鳥Ⅱの全景は見えませんが、メリケンパークオリエンタルホテルがより一層小さくみえます。

飛鳥Ⅱは総トン数50,142トン。全長は241m。船客定員は872名。

メリケンパークオリエンタルホテル

メリケンパーク内には数々の石碑や記念碑があります。

メリケンパークの南側、海を見渡すかのように立っているのが「神戸海援隊の碑」です。

ちょっと変わったモアイ像みたいな感じですね。

1991年(平成3年)彫刻家・流政之(ながれ まさゆき)氏製作のモニュメント。白御影石が使われています。

神戸海援隊の碑

「1863年から65年にかけ神戸小野浜に勝海舟・坂本龍馬によってつくられた海軍操練所が存在した。

武士、町人、 農民を問わず若者たちが大洋に夢をはせ経済、科学など多くのことを学んだ。

夢をはたせず志なかばで倒れていった若者達を神戸海援隊と名付け、その短い青春の夢をここに刻む」

(説明板より)

 

 

Copyright(c) 2014 神戸旧居留地のレトロビルヂング散策 All Rights Reserved.