神戸花時計

花時計

花時計は神戸市役所のすぐ北側に設置されています。

JR三宮駅より南へ約600m。徒歩で約10分程度の場所にあります。

1950年代に当時の神戸市長・宮崎辰雄氏の提案で日本で初めて花時計が設置されました。

年8回ほど植え替え工事が行われ、デザインの公募もしています。

2014年の年明けに撮影した花時計がこちら。

神戸花時計

今年の干支「馬」がデザインされています。

少し前に訪れたときは、ちょうど植え替え工事が行われていました。

たくさんの人の手によって、すこしずつ花が植えられ、絵になっていく様子が分かります。

神戸花時計植え替え

そして、2月に訪れると、もう新しいデザインになっていました。

オリンピックにあわせたデザイン「スキージャンプ」です。

撮影した位置が低かったため、デザインが分かりくくなってしまいました。

神戸花時計デザイン

花時計の横にはデザイン画と、時計に使用されている花の説明書きがあります。

神戸花時計図案

図案名は「スキー(季節のデザイン)」

使われている花は「白・・・シロタエギク、青・・・パンジー、黄・・・プリムラ・ポリアンサ」

冬季オリンピックの開催に合わせ、スキージャンプをデザインしています。

季節を味わってもらえたらと思います。

と記されています。次回植え替え予定は平成26年3月上旬

花時計は地下鉄三宮・花時計前駅のすぐ近くです。
地下鉄の駅の名称になっています。

三宮・花時計前駅

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする