Archive for the ‘レトロカフェ&ショップ’ Category

北野坂にしむら珈琲店

北野坂にしむら珈琲店(きたのざかにしむらこーひーてん)

にしむら珈琲

〒650-0003 兵庫県神戸市中央区山本通2丁目1-20

TEL : 078-242-2467

JR・阪急・阪神・地下鉄各三宮駅より約600m。徒歩で約7分ほど。

北野坂の真ん中あたりにあります。

HP : http://www.kobe-nishimura.jp/index.html

 

坂道の上がっていくと、蔦のからまる赤煉瓦の建物が見えてきます。

竣工は不明ですが、オーナーの方が戦時を過ごした上海の英国風の洋館をモチーフにして建てられたそうです。

 

にしむら珈琲外観

にしむら珈琲は神戸を中心に関西に11店舗。

その中でも北野坂にしむら珈琲店は特別なお店に思えます。

1974年に日本で初めて会員制の喫茶店としてオープンしていました。

 

北野坂を上がっても、昔は「にしむら珈琲」には入れず、ただ通り過ぎるだけでした。

重厚感のある赤煉瓦、会員制と書いてある喫茶店…

入ってみたいけれど、気軽には入ることが出来ない敷居の高いお店だなぁと思っていました。

それが、1995年の阪神淡路大震災を期に開放され、はじめて入った時のことは覚えています。

ちょっとお茶しにという感じではなかったので、よーく覚えています。

まず、コーヒーがお高い… ケーキセットもお高い。

にしむら珈琲メニュー

でも、店内はアンティーク調でとてもゴージャスな雰囲気。

椅子・テーブル・調度品に至るまで、ゴージャス♪

レトロな雰囲気の中、優雅な気分を味わいに、自分へご褒美として訪れたいお店だと思っています。

ただ、他の店舗と同じでコーヒーカップはオリジナルのものでした。

有田焼だというにしむら珈琲特注カップは重くて厚みのあるコーヒーカップ。

このコーヒーカップで飲むと、あぁにしむらコーヒーだ♪と感じます。

 

MEDITERRASSE

MEDITERRASSE(メディテラス)

メディテラス

〒650-0021 兵庫県神戸市中央区三ノ宮町2-11-3

TEL: 078-335-2181

営業時間: 11時~21:00

JR三ノ宮駅(西口)より、約500m。徒歩で約7分程度。

アパレルメーカー㈱ワールドが展開するファッション・雑貨・コスメ・カフェレストランの店舗。

HP: http://www.world.co.jp/mediterrasse/

こちらは残念ながら、本物のレトロビルヂングではなありません。

地上4階、地下1階建。 2005年12月にオープンしました。

 

南仏をイメージした古い町並みのような建物は道行く人の目を引く、新しいのに古めかしいような不思議な印象を与えてくれます。

レトロ風・・・な建物ということでご紹介させていただきます。

三ノ宮界隈では珍しいカラフルな外観は遊び心がいっぱい♪

さらに、中に入ってみても楽しいつくりになっています。

古い城を連想させるような小さな塔が連なった吹き抜けは内装にこだわりを感じます。

また、夜になるとライトアップされ、まるで海外にでも来たように感じます。

昼間の古びたメディテラスも素敵ですが、ぜひ夜のライトアップも楽しんでいただきたいと思います。

 

北野物語

北野物語館(スターバックス北野異人館店)

スタバ北野店

〒650-0002 神戸市中央区北野町3-1-31

TEL: 078-230-6302

HP: http://www.starbucks.co.jp/store/concept/kobe/

営業時間: 8:00~22:00

1907年(明治40年)建築

建築当初は米国人が所有していた木造2階建ての住宅でした。

1995年(平成7年)阪神淡路大震災で大きな被害を受け、取り壊される予定でしたが、神戸市が建物の寄贈を受け、解体・部材保管して2001年(平成13年)に現在地に再建・移築され、2009年3月、スターバックスとしてオープンしたものです。

スターバックスの店舗はセンスが良い♪と感じますが、数ある店舗でもこの北野店は素晴らしいです。

異人館をそのまま店舗として利用しているなんて、いつもと違った雰囲気を楽しめます♪

ちょっとコーヒーを飲みに…ではなく、わざわざ足を運びたいお店だと感じました。

スターバックスのロゴサインも趣があります。初めての木製だそうです。

レトロな赤ポストと雰囲気がピッタリです♪

スタバ北野店ロゴ

内装は当時を感じられる建具や調度品がそろっています。

部屋はラウンジ、ダイニングルーム、ゲストルームなど大小7つ。

どの部屋でくつろごうかと悩んでしまうくらい素敵です。

スタバ北野店内装

北野の異人館のすぐ手前にあるこの北野物語は入館は無料。

もちろん、コーヒー代はかかります!当然ですね~

でも、普通は異人館に入るには入館料がかかるので、なんだか得した気分になれます。

ゆったりとした優雅なティータイムを楽しみに、ふらっと北野坂を上がってみませんか?

平日でも昼間はかなり混雑しています。

せっかくコーヒー飲むなら良い雰囲気のお店で・・・と思う方も多いのでしょう。

また、観光客も多いです。平日でも朝一番であれば、空いていてゆっくりできますよ。

スタバ北野店2階

 

フロインドリーブ

フロインドリーブ(旧神戸ユニオン教会)

フロインドリーブ

フロインドリーブ生田本店

〒651-0092 兵庫県神戸市中央区生田町4-6-15
TEL: 078-231-6051
営業時間: 10:00~19:00(ラストオーダー18:30)
定休日: 水曜日
駐車場: あり(店舗前4台、北側8台。また、近隣にパーキング有り)

フロインドリーブ生田本店は旧神戸ユニオン教会の礼拝堂をそのまま利用したカフェ。

竣工: 1929年(昭和4年6月)

1階がショップ、2階がカフェになっています。美しい外観が目を引き、ついつい見とれてしまいます。

もちろん、内装も教会を感じらます。

なんといっても吸い込まれそうに思う高い天井。

思わず見上げてしまいます。

広々とした空間でランチやお茶。大人な感じのするお洒落な雰囲気です。

フロインドリーブ店内

訪れたこの日は平日だったので、平日限定ランチをいただきました。

ボリューム満点のパングラタンランチです。

サラダ、飲み物、ミニサイズのアイスクリーム、クッキーが付き。

女性ではかなりお腹いっぱいになるメニューですね。 これで¥1050-はとってもお得♪

フロインドリーブランチ

フロインドリーブクッキー

ただ、フロインドリーブのカフェはとても人気があるので入るまでに待つ可能性があります。

外観や店内がお洒落ということもありますが、メニューはどれも美味しくてかなりボリュームがあり、食べ応えがあります。

お昼にランチしようと思われるのであれば、少し早めに来店するのがおススメ!

ちょっとお昼を回ると、あっというまに行列・・・フロインドリーブは人気なので、待ち時間が結構あります。

1階に設置されている受付機はこちら。

この日は、平日12時半ごろ。すでに5組の方が並んでいました。

フロインドリーブ待ち時間

 

旧神戸ユニオン教会の変遷

この建物の由来は、神戸の開港とともにキリスト教の各教派に属する牧師およびその信者たちが1980年(明治3年)、旧居留地内に集まり、ユニオンチャーチと称し活動したことに始まります。

米国人建築家W.Mヴォーリズ氏の設計(竹中工務店 施工)により、ゴシックスタイルの会堂が1929年(昭和4年6月)この生田町の地に神戸ユニオン教会として誕生しました。

その後、居留地の歴史とともに歩むなか、1995年(平成7年)阪神淡路大震災と過去幾多の災害にも遭いましたが、顕著な被害を受けることも無く、教会建物としての使命を果たしてきました。

1997年(平成9年)フロインドリーブ御夫妻の保存計画により、ジャーマンホームベーカリー固有の手作りパンの総合店舗として施設の充実と改修工事を行い、1999年(平成11年)11月ここにこの建物の新しい歴史が刻まれました。

また1999年(平成11年)9月文化財保護法に規定する文化財登録の答申を受け、国際観光都市神戸に相応しい名所の1つとして新たに加わりました。(フロインドリーブ前の案内板より)

旧神戸ユニオン教会

 

E.HBANK

E.HBANK(イーエイチバンク)

チャータードビルの1階、元銀行のあった場所にあるカフェ。

〒〒650-0024 兵庫県神戸市中央区海岸通9番地 チャータードビル1階。
TEL: 078-331-6553
HP: http://www.equiv.net/_07_ky/ky027.html

E.HBANK

営業時間: 月曜~土曜 11:30~翌5:00、日曜・祝日 11:30~翌3:00

定休日: なし

E.HBANKは神戸では珍しく深夜まで営業しているカフェで、夜中でもしっかり食事をとることが出来ます。

E.HBANK回転ドア

重い重い木製の回転扉を押して店内に入ります。

すると、天井は8m(3階建ての高さ)もある吹き抜けの空間が現れます。

外観との印象がそのままの内装はレトロな家具が並び、大人の雰囲気を楽しめるカフェレストランとなっています。

作られたレトロ感ではなく、本物の古きよき時代を感じることでき、わくわく♪

落ち着きがあり、居心地のいい店内はゆっくりとランチやカフェを味わうことが出来ます。

E.HBANK店内

私にとって嬉しいのはランチタイム(11:30~15:00)が禁煙であることですね♪

貸切も可能なので、結婚式の二次会などにも人気です。

今回は日替わりのランチを注文しました。

日替わりランチは「カレーとサラダ」、食後に飲み物がつきます。

E.HBANKランチ

また、ここのおススメ?はレストルーム。

はいそうです、お手洗い!トイレです!

色々とお洒落な調度品が飾ってあり、目も楽しめますが、その前にある重々しい扉。

実はここのトイレは元・金庫。

元銀行なだけありますね~ 元・金庫の扉がトイレの扉だなんて♪

E.HBANK金庫扉

 

かなり分厚そうな扉です。さすが金庫の扉なだけありますね。

この先にあるのがトイレになります。

トイレまでの通路もたくさんの調度品が並んでいて、見るだけでも楽しめます♪

E.HBANKのトイレ

 

カフェラ 大丸神戸店

カフェラ 大丸神戸店(CAFFERA)

カフェラ神戸

〒650-0037 神戸市中央区明石町40番地 大丸神戸店1階

TEL: 078-392-7227

営業時間:9:45~21:00

HP: http://www.daimaru.co.jp/kobe/restaurant/KB-K-10.html(大丸神戸店)
HP: http://www.ufs.co.jp/brand/cfr/(カフェラ)

旧居留地を歩いているとついつい目にとまり、入りたくなってしまうカフェ。

大丸神戸店の1階にあるカフェラはテラス席がたくさんあります。

真冬はちょっと厳しいですが、暖房機が備え付けられていますので、ほんわか暖かく気持ち良いです♪

ひざ掛けも用意されています。

 

人気はやはりカプチーノ。
カフェラではハートやリーフ、くま、ウサギなどのカプチーノアートが楽しめます。
カプチーノHOTは600円。 ケーキセットは1200円。

カフェラのカプチーノアート

可愛いので飲んでしまうのが勿体無い!!と思ってしまいます・・・

午後3時ごろに行くとほぼ店内は満席状態でした。

ちょっと写真は撮りづらかったので、夜の違った雰囲気をおさめてみました。(上部写真)

通りかかったのは20時50分ごろ。

弊店間際でしたので、店内にお客さんはいらっしゃいましたが、さすがに冬のテラスは空いていましたね。

テラス席に座り、旧居留地の街並みを美味しいカプチーノを飲む♪

まるでヨーロッパのような雰囲気がして素敵です。

また、店内も素敵です。ホテルのような高級感があり落ち着いた感じです。

大丸神戸店は阪神淡路大震災でかなり損害を受けました。

新しく生まれ変わった大丸神戸店は旧居留地の趣きにマッチした美しい外観へと変貌。

こちらはトアロード側の玄関から見た写真です。

神戸らしい雰囲気が漂っています。

大丸神戸店

ALLIANCE GRAPHIQUE

ALLIANCE GRAPHIQUE(アリアンスグラフィック)

〒650-0024 兵庫県神戸市中央区海岸通3番地1-5
TEL: 078-333-0910

レンガ側にあるカフェレストラン「ALLIANCE GRAPHIQUE(アリアンスグラフィック)」。

アリアンスグラフィック

アリアンスグラフィックは、この場所に20年以上前からある老舗のカフェです。

落ち着く店内、美味しいランチ、ゆったりとした時間を過ごすことのできるお気に入りのお店です。

ただ、路地裏のような場所にあるため、初めて訪れる方にはちょっと分かりにくく、迷ってしまう方もいらっしゃるとか・・・

煉瓦造りの海岸ビルヂングの1階にあるカフェは建物だけでもかなりお洒落。

⇒ 海岸ビルヂングのページ

海岸ビルヂング裏側

でも、内装もお洒落でとても雰囲気のあるお店です。

店内はこじんまりとしているのですが、天井が高く、開放感があります。

お洒落なスポットですが、ふらっと一人で入ってもくつろげる空間です。

残念ながら店内の撮影は禁止とのことでした。

 

初めて訪れた人は気になる!というのが、メニューの一品。

「フランス人から教えてもらったカレー」

どんなカレーなのかな?と思ってしまいますよね♪

スパイスが効いていますが辛すぎず。

卵がよりマイルドにしてくれています。

カレーの上に乗っているインドのせんべいのようなものが目を引きます。

アリアンスグラフィックメニュー

 

旧居留地十五番館

旧居留地十五番館(TOOTHTOOTH maison15th)

旧居留地十五番館

〒650-0035 兵庫県神戸市中央区浪花町15番地

1880年ごろ(明治14年頃)、アメリカ合衆国領事館として建てられた建物。

旧居留地に残る神戸で最も古い異人館であり、明治初期の旧居留地内オフィスビルを知る唯一の建物といえます。

地上2階建ての木骨煉瓦造りの建造物。

木骨煉瓦造というのは、基礎石の上に普通の木造住宅のように土台や柱を組み、外周壁に煉瓦を積み上げたもの。

明治初期の建物に数例しか見られない珍しいものです。

国の重要文化財に指定されています。

また、敷地西端の境界レンガ塀も同時に指定されています。

旧居留地十五番館の案内

1966年(昭和41年)株式会社ノザワの所有となり、本社オフィスとして利用。

1995年(平成7年)の阪神淡路大震災で全壊。

元の建材を利用し、復元工事が行われ、1998年に完成しました。

その後、商館として利用され、2012年9月15日よりレストラン「TOOTHTOOTH maison15th」が営業中。

 

TOOTHTOOTH maison15th

旧居留地十五番館TOOTHTOOTH

洋館をそのまま利用したお洒落で落ち着きのあるカフェになっています。

高い天井や広くて大きな窓、席と席がゆったりとし空間が贅沢に使われていて、優雅な気分になれます♪

調度品やテーブル、椅子などもとても素敵できょろきょろと回りを見回してしまうほど。

1階と2階ではまた雰囲気が違うので、両方味わっていただきたいお店です。

ですが、人気店なので休日はかなり混雑しています。待ち時間が結構ある日もあるので、できれば平日がおススメですね。

平日限定のランチがあります!

ただ、平日でも並んでいる日があるほどです・・・

神戸市立博物館のすぐ向かいにあるので、美術鑑賞をした後にちょっとよってみたくなります。

Copyright(c) 2014 神戸旧居留地のレトロビルヂング散策 All Rights Reserved.